• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

スペースマーケット重松大輔社長<1>あらゆる“空間”を仲介

 古民家、会議室からお城や無人島まで。日本にある、あらゆる空間のレンタルを仲介するネットサービスが「スペースマーケット」だ。所有するのではなく必要な時に必要なだけ借りる、シェアリングエコノミーの進展という追い風を受け、成約件数が前年同月比300%という急成長を続けている。

 社長の重松大輔氏は1976年生まれの42歳。超大手のNTT東日本からベンチャーでの新規事業立ち上げ経験を経て、2014年、自らの会社であるスペースマーケットを創業した。公立の進学校でラグビーに打ち込んだ高校時代からその歩みを振り返ってみよう。

 千葉市生まれの重松氏は、両親とも中学校教師という家庭で育った。勉強もスポーツもできたことから、文武両道を目指して公立の進学校、県立千葉東高校に進んだ。

「進学校でも強いスポーツというと、まずラグビーが思い浮かびます。強豪と聞いて千葉東高校を選びました。当時はやっていたテレビドラマ、スクールウォーズの影響も大きかった(笑い)」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  7. 7

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    藤井氏“安倍内閣は酷すぎ”発言 なかなかいえない本当の話

  10. 10

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

もっと見る