• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

塩水港製糖・久野修慈会長<2>精神が養われた中央大法学部

 久野氏が生まれた福井県は自民王国とも呼ばれ、保守性が強い土地柄。父親も保守的な考えの持ち主だった。

 本当は早稲田大の法学部に入りたかった久野氏だが、1950年代半ばの同大は左翼の動きが活発になっていた。せっかく合格したものの父から猛反対され、中央大の法学部に進むことにした。

 とはいっても、その選択を後悔することはなかった。“住めば都”というように、中央大への愛着は次第に深まっていった。70年代になると、母校に貢献すべく、大学の理事長にも就任。現在は同窓会本部「学員会」の会長を務めている。

 だが、現役時代はあまり勤勉な学生とはいえなかった。久野氏は「大学の4年間はほとんど勉強しなかった」と打ち明ける。そのひとつの原因が東京・代々木での寮生活だった。300人ほどの学生が共同生活を送っていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  2. 2

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  7. 7

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  8. 8

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る