塩水港製糖・久野修慈会長<2>精神が養われた中央大法学部

公開日:  更新日:

 久野氏が生まれた福井県は自民王国とも呼ばれ、保守性が強い土地柄。父親も保守的な考えの持ち主だった。

 本当は早稲田大の法学部に入りたかった久野氏だが、1950年代半ばの同大は左翼の動きが活発になっていた。せっかく合格したものの父から猛反対され、中央大の法学部に進むことにした。

 とはいっても、その選択を後悔することはなかった。“住めば都”というように、中央大への愛着は次第に深まっていった。70年代になると、母校に貢献すべく、大学の理事長にも就任。現在は同窓会本部「学員会」の会長を務めている。

 だが、現役時代はあまり勤勉な学生とはいえなかった。久野氏は「大学の4年間はほとんど勉強しなかった」と打ち明ける。そのひとつの原因が東京・代々木での寮生活だった。300人ほどの学生が共同生活を送っていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  2. 2

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  3. 3

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  4. 4

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  5. 5

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  6. 6

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    陰惨な事態…高校生の「言論の自由」が脅かされている衝撃

  10. 10

    “PC打てない”桜田大臣 ツイッターで大島優子フォローの謎

もっと見る