• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

塩水港製糖・久野修慈会長<2>精神が養われた中央大法学部

 久野氏が生まれた福井県は自民王国とも呼ばれ、保守性が強い土地柄。父親も保守的な考えの持ち主だった。

 本当は早稲田大の法学部に入りたかった久野氏だが、1950年代半ばの同大は左翼の動きが活発になっていた。せっかく合格したものの父から猛反対され、中央大の法学部に進むことにした。

 とはいっても、その選択を後悔することはなかった。“住めば都”というように、中央大への愛着は次第に深まっていった。70年代になると、母校に貢献すべく、大学の理事長にも就任。現在は同窓会本部「学員会」の会長を務めている。

 だが、現役時代はあまり勤勉な学生とはいえなかった。久野氏は「大学の4年間はほとんど勉強しなかった」と打ち明ける。そのひとつの原因が東京・代々木での寮生活だった。300人ほどの学生が共同生活を送っていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  2. 2

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  3. 3

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    進次郎氏当日まで完黙…裏に父・小泉元首相“ゴルフ密約説”

  6. 6

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  7. 7

    中国人女優・范冰冰さん 消息不明の背景に脱税と暴露合戦

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  10. 10

    年内にもソウル訪問 金正恩が納得する“警護”間に合うのか

もっと見る