アパホテル<上>優良物件情報が真っ先に集まる理由とは

公開日:

 アパホテルの快進撃が止まらない。今年に入ってからでも、東京では神田や西新宿、馬喰町、大阪でも新大阪、梅田など、全国で10以上のホテルをオープンさせている。用地取得は積極的で、今後もハイペースでの出店が続くのは間違いない。

 現在、海外や建築中の物件を含めると、ホテルの総数は約450、部屋数は7万4000を突破し、今やアパホテルは日本最大のホテルチェーンに成長した。

 快進撃が始まったのは2010年のこと。この年の4月、アパホテルは「SUMMIT5(頂上戦略)」をスタートさせる。これは東京都心でトップを目指す戦略で、駅近の好立地を次々と取得、そこにホテルを建設して、瞬く間に部屋数で東京一の座についた。現在は東京都心から地方の中核都市へとターゲットを広げた「SUMMIT5Ⅱ」を展開中で、20年にフランチャイズも含めて10万室を目標に掲げている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  2. 2

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  8. 8

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  9. 9

    JIC騒動で露呈…官民ファンドは血税しゃぶる“天下り集団”

  10. 10

    食えもしねえのに食い意地の張った巨人・原“監督大将”の話

もっと見る