• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ミネラルむぎ茶の石垣食品も 「熱中症対策」関連株が急騰

 記録的な猛暑が続いている。24日、総務省消防庁が発表した熱中症による救急搬送は、集計をスタートした2008年以降で最多となる2万2647人(速報値)に達し、そのうち65人が死亡した。

 気象庁は23日に、今後2週間程度は気温の高い状態が続くとし、熱中症への厳重な警戒を呼びかけている。

 株式市場では熱中症対策に絡む銘柄が急騰している。ティーバッグのフジミネラル麦茶を販売する石垣食品は、きのうまで6日続伸。今月13日に147円(終値、以下同)だった株価は、234円まで跳ね上がった。この間の上昇率は59%だ。

 熱中症対策に欠かせない塩分を補う「塩飴」を販売するカンロはきのう、50円高の3995円。熱中症指数計を手掛けるサンコーテクノは22円高、水の宅配(ウオーターサーバー)のトーエルは16円高だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  3. 3

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  4. 4

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  5. 5

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  6. 6

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  7. 7

    テニス協会が大坂なおみへ 全米V報奨金800万円は妥当か

  8. 8

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    大坂なおみに完敗 女王セリーナが全米決勝で逆上した真相

もっと見る