• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

サッポロビール髙島英也社長<4>「品質に自信」は自己満足

 サッポロビールの販売は、歴史的に東日本に強く西日本は弱かった。社長の髙島英也は、かつて2度、大阪の茨木工場に赴任している。最初が1988年から92年まで、2度目が97年から2002年までと約8年にわたった。いまでこそ西日本でもシェアアップしているが、劣勢の時代だっただけに、苦労を重ねた。

「とくに2回目に製造部長として再着任した時は、もっと工場から発信しなければと思うようになりました。お客さまから『いつものビールと味が違う』『泡立ちが悪い』とお叱りを受けるたび、営業マンと一緒に足を運んでいました。他社には真似できない製法や醸造法で品質には絶対の自信を持っていましたけど、そんなものはつくり手の自己満足なんだと思い知らされた。取引先からも『メーカー発想やから売れんのや』と言われ、実際に店頭に立って販促してみてもなかなか売れない。悔しくて家で泣いたこともあります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  5. 5

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  6. 6

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  7. 7

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  8. 8

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  9. 9

    4年連続V逸確実で…巨人はFA入団組“在庫一掃”のオフに

  10. 10

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

もっと見る