サッポロビール髙島英也社長<4>「品質に自信」は自己満足

公開日:

 サッポロビールの販売は、歴史的に東日本に強く西日本は弱かった。社長の髙島英也は、かつて2度、大阪の茨木工場に赴任している。最初が1988年から92年まで、2度目が97年から2002年までと約8年にわたった。いまでこそ西日本でもシェアアップしているが、劣勢の時代だっただけに、苦労を重ねた。

「とくに2回目に製造部長として再着任した時は、もっと工場から発信しなければと思うようになりました。お客さまから『いつものビールと味が違う』『泡立ちが悪い』とお叱りを受けるたび、営業マンと一緒に足を運んでいました。他社には真似できない製法や醸造法で品質には絶対の自信を持っていましたけど、そんなものはつくり手の自己満足なんだと思い知らされた。取引先からも『メーカー発想やから売れんのや』と言われ、実際に店頭に立って販促してみてもなかなか売れない。悔しくて家で泣いたこともあります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る