サッポロビール髙島英也社長<4>「品質に自信」は自己満足

公開日: 更新日:

 サッポロビールの販売は、歴史的に東日本に強く西日本は弱かった。社長の髙島英也は、かつて2度、大阪の茨木工場に赴任している。最初が1988年から92年まで、2度目が97年から2002年までと約8年にわたった。いまでこそ西日本でもシェアアップしているが、劣勢の時代だっただけに、苦労を重ねた。

「とくに2回目に製造部長として再着任した時は、もっと工場から発信しなければと思うようになりました。お客さまから『いつものビールと味が違う』『泡立ちが悪い』とお叱りを受けるたび、営業マンと一緒に足を運んでいました。他社には真似できない製法や醸造法で品質には絶対の自信を持っていましたけど、そんなものはつくり手の自己満足なんだと思い知らされた。取引先からも『メーカー発想やから売れんのや』と言われ、実際に店頭に立って販促してみてもなかなか売れない。悔しくて家で泣いたこともあります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福岡知事選で“麻生アレルギー” 学会や九州財界から爪弾き

  2. 2

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  3. 3

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  4. 4

    北方領土「第2次世界大戦の結果論」というのは暴論である

  5. 5

    東京福祉大“消えた留学生”問題を招いた安倍政権の数値目標

  6. 6

    東京五輪で終電延長 鉄道各社が強いられる“ブラック労働”

  7. 7

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  8. 8

    ルノーと三菱グループ急接近か 日産含む“3社統合”への思惑

  9. 9

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  10. 10

    ベルギーで11得点 新顔FW鎌田大地「森保J」での期待値

もっと見る