銀座セカンドライフ 片桐実央社長<2>生きがいを失った祖母が認知症に…

公開日:

 片桐は、おばあちゃんっ子として育った。祖母は東京・亀戸で小料理屋を営んでいたが、共働きの両親を持つ片桐のために店を畳んで孫を育てる道を選んだ。

 2003年、片桐は学習院大学法学部を卒業後、花王に入社。その翌年、祖母が67歳で認知症を発症する。

「物忘れと思い込みが激しくなりました。体は健康だったので、大変な介護をしたわけではなかったのですが、私のことも分からなくなったり、近所の人に迷惑をかけるようにもなったのです」

 その後、祖母はグループホームに入所する。

 恩返しをできなかったという後悔に打ちのめされた。

「ずっとお世話になったのに、自分が社会人になったら、『じゃーね』という感じになってしまって……」

 孫が成長すると、役目がなくなった祖母は引きこもりがちになっていった。しかし、法務・コンプライアンス部門に配属され、仕事にやりがいを感じていた片桐は、祖母の変化に気づかなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る