導入の是非はともかく 動き出したサマータイム関連23銘柄

公開日:

 7日、安倍首相は自民党に対し、サマータイム導入の検討を指示した。2時間の前倒しが有力だ。導入の賛否は別として、株式市場では早くも関連銘柄を探す動きが活発になっている。

「サマータイム導入後の朝7時は、現在の5時になるわけです。地方によってはまだ薄暗く、朝食を作るのが、おっくうになる主婦も出てくるでしょう。旦那は外で朝メシです。となると、ドトールコーヒーやマクドナルドにサラリーマンが殺到する可能性は高い」(市場関係者)

 一方、仕事が終わっても外は暑いし、十分に明るい。まっすぐ帰宅するのはもったいないと感じる人が続出するのは間違いない。

「働き方改革もあって、残業はしにくい環境です。健康維持を目的に、スポーツクラブに通うサラリーマンが増加すると思います。資格の取得や語学を学ぼうとする人も大勢出てくるでしょう。文具関連が売れるかもしれません」(IMSアセットマネジメント代表の清水秀和氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  9. 9

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

  10. 10

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

もっと見る