銀座セカンドライフ 片桐実央社長<6>「若い」「女性」で苦労した起業当時

公開日:

 起業当初、外部の交流会に参加すると、「普段はどこに勤めているの?」と聞かれた。 

「まさかこれ一本でやっていると思われなくて。OLか何かの片手間でやっていると見られていたのです」

 事業にかける本気度が伝わらないことに歯がゆさを感じた。

 37歳になった今でも、片桐のパッと見はどちらかというと、かわいらしいOL風だ。 

 筆者が今まで会ってきたやり手の女性経営者とはずいぶん醸し出す雰囲気が違うのだから、10年前となると、さぞかし普通のOLにしか見えなかったに違いない。

「花王時代、20歳上の部長クラスの方たちは、女性ということで苦労しながら地位を築かれてきたようですが、私の場合は、男性と変わらず働くことができました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る