有森隆
著者のコラム一覧
有森隆ジャーナリスト

30年余、全国紙で経済記者。豊富な人脈を生かし取材・執筆中。「『ゴーン神話(マジック)』の終焉 日産を覆う不安の正体」(「月刊現代」2006年12月号)、「C・ゴーン『植民地・日産』の次の獲物(ターゲット)」(同09年1月号)などを執筆。「日産 独裁経営と権力抗争の末路――ゴーン・石原・川又・塩路の汚れた系譜」(さくら舎)を3月に上梓。

メルカリ<上>赤字決算で企業価値が2280億円 31%目減り

公開日: 更新日:

 フリーマーケット(フリマ)アプリのメルカリの決算は投資家を失望させた。

 8月9日、東証マザーズ上場後初となる2018年6月期連結決算を発表した。最終損益は70億円の赤字(前年同期は42億円の赤字)と赤字幅が拡大した。

 創業者の山田進太郎会長兼最高経営責任者(CEO)は「現在は短期的な利益を追う段階ではなく、投資を続ける」と理解を求めた。だが、10日の株式市場ではメルカリ株が急落し、14日には上場初安値、3650円に沈んだ。

 メルカリは6月19日、鳴り物入りで東証マザーズに新規上場した。米国で企業価値が10億ドル(約1100億円)以上の未上場ベンチャー企業を、伝説の生き物に例えて「ユニコーン」(一角獣)と呼ぶ。

 “ユニコーン銘柄”のメルカリの人気は高く、初値は公開価格3000円の1.67倍の5000円。一時、6000円(これが上場来高値である)まで上昇し、終値は5300円。時価総額は7323億円で東証マザーズ上場企業の中で首位に立った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河井夫妻“選挙買収”捜査本腰へ急展開 落選議員が検察援護

  2. 2

    不倫報道のJr.を“一罰百戒” 滝沢秀明副社長いきなり正念場

  3. 3

    ディストピアを現実化 安倍政権の正体を忘れてはいけない

  4. 4

    手を出す? 俺にとって麗子はストライクゾーンに入らない

  5. 5

    乃木坂46を卒業 白石麻衣に“接近”したアイドルタレント2人

  6. 6

    「パンクで遅刻する」上司に送ったビミョーすぎる証拠画像

  7. 7

    「恋つづ」佐藤健に挑む上白石萌音が宮崎美子に見えるワケ

  8. 8

    片山さつき氏が都知事選出馬に色気?動画で小池都知事批判

  9. 9

    最も一緒に飲んで一緒に遊んだ 山城新伍は愛すべきダチ公

  10. 10

    夫フジモンは男を上げる格好に「男は黙って離婚」が正解か

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る