• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ウィラーエクスプレス 平山幸司社長<2>土台となった5年間

「僕は、怒られる資格もないのかと、すごく悔しかったし、恥ずかしくもあった。そこから幾分残っていた学生気分が一気に吹っ飛びました。すべてで一番をとってやろうと、仕事を頑張るようになったのです」

 旅行商品を作るために、日本中を旅した。

「国内で行ったことのない場所はないというくらいですね。楽しかったし、そのときの経験が、今の仕事をするうえですごく役立っています」

 出張先では、旅館の経営者やバス会社の人など多くの人との出会いがあった。

「パンフレット制作の傍ら、バスツアーの座席表作りなどオペレーション管理の仕事も担当していたので、そのときにバス業界の仕組みやカラクリを教えてもらったことが役立ちました」

 オフィスでは、新入社員の席は一番入り口に近い場所にあった。当時はインターホンもなかったため、平山は、受付代わりに訪問客からよく声をかけられた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  3. 3

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  4. 4

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  7. 7

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  8. 8

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  9. 9

    ロング丈ワンピ姿に注目 前田敦子はやっぱり“おめでた”か

  10. 10

    進次郎氏当日まで完黙…裏に父・小泉元首相“ゴルフ密約説”

もっと見る