ウィラーエクスプレス 平山幸司社長<2>土台となった5年間

公開日: 更新日:

「担当の〇〇さんに会いたい」と、旅館の経営者などがアポなしで来社すると、たいていは出張などで不在のことが多い。平山は、代わりに応対をすることで、「北海道は今こんな状況なのだ」とか、「沖縄はこんなことに困っているんだ」などという情報を得ることができたという。

「こうやって、入社5年目ぐらいまでにがむしゃらに頑張って、広く浅く、いろいろなことを覚えて、多くの人と出会うことができたことが、僕のベースになっています」

 しかし、近年の会社組織は担当が分散化され、総合力のある人材が育ちにくい傾向にある。

「自分自身、会社に育ててもらったという思いが強いので、今度は自分が若い社員にそのような機会を与えてあげたいと思っています」 (つづく)

(ジャーナリスト・林美保子)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    あのジャニーズが“バーチャルアイドル”2.19デビューの衝撃

  2. 2

    風間俊介は3歳児の父 ジャニーズ“結婚&子持ち”NGの境界線

  3. 3

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

  4. 4

    かつては“お荷物”…山下智久が引き寄せた仕事運と信頼

  5. 5

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  6. 6

    嵐に燻り続けてきた“プロパーvs外様”メンバーの確執と暗闘

  7. 7

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  8. 8

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  9. 9

    背水から逆転の山下智久&木村拓哉 1本の映画が2人を変えた

  10. 10

    好調な映画そっちのけ…キムタクの雑な“白髪染め”が話題に

もっと見る