ウィラーエクスプレス 平山幸司社長<2>土台となった5年間

公開日:

「担当の〇〇さんに会いたい」と、旅館の経営者などがアポなしで来社すると、たいていは出張などで不在のことが多い。平山は、代わりに応対をすることで、「北海道は今こんな状況なのだ」とか、「沖縄はこんなことに困っているんだ」などという情報を得ることができたという。

「こうやって、入社5年目ぐらいまでにがむしゃらに頑張って、広く浅く、いろいろなことを覚えて、多くの人と出会うことができたことが、僕のベースになっています」

 しかし、近年の会社組織は担当が分散化され、総合力のある人材が育ちにくい傾向にある。

「自分自身、会社に育ててもらったという思いが強いので、今度は自分が若い社員にそのような機会を与えてあげたいと思っています」 (つづく)

(ジャーナリスト・林美保子)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る