• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ウィラーエクスプレス 平山幸司社長<3>オンラインの幕開け

 一番いいのは自社サイト、それで足りなかったら若干手数料を支払ってでも旅行サイト、そして旅行会社は最後の手段という流れに時代が移り変わっていこうとしていたのだ。

 そんな中、楽天が<旅の窓口>を買収した。

 プロ野球球団設立で、一躍楽天の名が知られるようになったのは2年後の2005年。まだ、知名度は全国区になっておらず、しかも、当時は連結売上高99億円(02年度)にすぎなかったにもかかわらず、323億円という大口出資で勝負に出たのだった。

「このときも、時代が一気に変わるなと思いました」

 04年になると、平山は転職を意識し始めた。

「このままオンライン化が進んでいけば、従来形態の旅行会社にいたままでは将来的には職を失いかねない」

 そんな危機感を持ちながらも、移るなら楽天しかないと、平山は思った。(つづく)

(ジャーナリスト・林美保子)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  2. 2

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  3. 3

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  4. 4

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  5. 5

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  6. 6

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  7. 7

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  8. 8

    G由伸監督初の会見拒否から一夜…手負いの岡本と心中決断

  9. 9

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  10. 10

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

もっと見る