ウィラーエクスプレス 平山幸司社長<3>オンラインの幕開け

公開日:  更新日:

 一番いいのは自社サイト、それで足りなかったら若干手数料を支払ってでも旅行サイト、そして旅行会社は最後の手段という流れに時代が移り変わっていこうとしていたのだ。

 そんな中、楽天が<旅の窓口>を買収した。

 プロ野球球団設立で、一躍楽天の名が知られるようになったのは2年後の2005年。まだ、知名度は全国区になっておらず、しかも、当時は連結売上高99億円(02年度)にすぎなかったにもかかわらず、323億円という大口出資で勝負に出たのだった。

「このときも、時代が一気に変わるなと思いました」

 04年になると、平山は転職を意識し始めた。

「このままオンライン化が進んでいけば、従来形態の旅行会社にいたままでは将来的には職を失いかねない」

 そんな危機感を持ちながらも、移るなら楽天しかないと、平山は思った。(つづく)

(ジャーナリスト・林美保子)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る