有森隆
著者のコラム一覧
有森隆ジャーナリスト

30年余、全国紙で経済記者。豊富な人脈を生かし取材・執筆中。「『ゴーン神話(マジック)』の終焉 日産を覆う不安の正体」(「月刊現代」2006年12月号)、「C・ゴーン『植民地・日産』の次の獲物(ターゲット)」(同09年1月号)などを執筆。「日産 独裁経営と権力抗争の末路――ゴーン・石原・川又・塩路の汚れた系譜」(さくら舎)を3月に上梓。

アルパイン<上>香港のモノ言う株主が経営統合に「待った」

公開日: 更新日:

 親子上場とは、親会社、子会社の両方が株式を公開していることを指す。欧米ではほとんど見られない日本独特の資本政策だ。

 親子上場の問題点は2つある。1つ目は親会社が自らの利益を優先して子会社の株主の利益を損うリスク。2つ目は投資家の資金を二重取りすることだ。

 親会社は、子会社も含めた企業価値を裏付けに上場時に資金を集めている。さらに子会社上場で再び資金を得る。「一粒で二度おいしいグリコのようだ」との辛口の評価を下すアナリストもいる。

 電子部品大手、アルプス電気(東証1部)は2017年7月27日、上場子会社でカーナビなど車載機器メーカーのアルパイン(同)を株式交換方式で完全子会社にすると発表した。アルプスはアルパインの株式の40・43%を保有する親会社。既存株主が保有するアルパイン株1株に対しアルプス株0・68株を割り当てる。19年1月1日に完全子会社とし、アルパインは18年末に上場廃止となる。アルプス電気は持ち株会社体制に移行し、19年4月1日にアルプスホールディングス(HD)に商号変更。アルプスHDの傘下に、電子部品の新アルプス電気、車載情報機器のアルパイン、物流会社のアルプス物流を置く。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  4. 4

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  5. 5

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

  6. 6

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  7. 7

    大船渡・佐々木に阪神熱視線で…“藤浪の二の舞”懸念する声

  8. 8

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  9. 9

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  10. 10

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

もっと見る