相場低迷の今が仕込みのチャンス「軽減税率」関連株21銘柄

公開日:

 暴落相場に負けない“強い銘柄”が市場で話題だ。

「キーワードは軽減税率です。来年10月の消費増税で、コンビニ総菜の持ち帰りは8%に据え置かれます。ピザの宅配も同様です。恩恵を受けそうな銘柄探しが本格化してきました」(市場関係者)

 セブン&アイ(セブン―イレブン)の総菜を手掛けるわらべや日洋や、宅配寿司「銀のさら」のライドオンエクスプレスHDなどだ。出前仲介サイト「出前館」で知られる夢の街創造委員会はきのう(15日)、前日比185円高(プラス6.8%)と上昇した(別表参照)。

「消費税引き上げ関連は数少ない物色テーマです。来年10月の導入時に、中小店舗でキャッシュレス決済をした場合、2%のポイント還元が受けられる案が検討されています。関連銘柄の動きは活発になるでしょう」(ちばぎん証券アナリストの安藤富士男氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  2. 2

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る