有森隆
著者のコラム一覧
有森隆ジャーナリスト

30年余、全国紙で経済記者。豊富な人脈を生かし取材・執筆中。「『ゴーン神話(マジック)』の終焉 日産を覆う不安の正体」(「月刊現代」2006年12月号)、「C・ゴーン『植民地・日産』の次の獲物(ターゲット)」(同09年1月号)などを執筆。「日産 独裁経営と権力抗争の末路――ゴーン・石原・川又・塩路の汚れた系譜」(さくら舎)を3月に上梓。

TATERUと西京銀行<上> 第2の「かぼちゃの馬車」事件か

公開日: 更新日:

 不動産会社と連携して高額物件をサラリーマンらに買わせる手法を、いつしか「スルガスキーム」と呼び習わすようになった。震源地は女性専用シェアハウス「かぼちゃの馬車」を運営するスマートデイズ(倒産)に不正融資したスルガ銀行。金融庁は10月5日、同行に対し、投資用不動産向けの新規融資業務を対象に6カ月間の停止命令を出した。

 8月31日、東証1部上場のアパート企画・施工・管理会社のTATERU(タテル、旧インベスターズクラウド)が、顧客の預金通帳を改ざんし、銀行に融資の申請をしていたことが明らかになった。アパートの建設資金の借り入れを希望する人の預金残高を水増しして西京銀行(非上場、山口県周南市)の融資審査を通りやすくしていた。

 TATERUは改ざんの事実を認め、第三者委員会による調査に乗り出した。調査は3カ月程度かかる見通し。発覚前に1606円だった株価は9月13日、327円の年初来安値をつけた。下落率は実に8割に達した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    池袋を暴走し母娘の命を奪った元通産官僚「記念館」の真偽

  2. 2

    安倍政権GW外遊ラッシュ 13閣僚“海外旅行”に血税5億の衝撃

  3. 3

    吉高「定時で」も視聴率上昇 TBS火曜22時ドラマに“仕掛け”

  4. 4

    応援演説にブーイング 杉田水脈議員が「自ら招いた危険」

  5. 5

    飯島直子は自分のアソコに水着の上からポラで割れ目を…

  6. 6

    立憲民主“三重苦”で…野党結集へ態度一変した枝野氏の焦り

  7. 7

    宇多田ヒカル 時代問わない別次元の才能と“人間活動”で…

  8. 8

    まだ“愛の巣”で生活か? ZOZO前澤社長&剛力彩芽の近況

  9. 9

    GW歴史的10連休でどうなる 身の回りで気になる8つの疑問

  10. 10

    「集団左遷」初回13.8%も…福山雅治“顔芸”への違和感

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る