ディップ 冨田英揮社長<1>父の会社を継ぐつもりが一変した

公開日: 更新日:

 ディップは、CMに乃木坂46を起用した求人サイト「バイトル」や「はたらこねっと」などを運営する日本最大級の求人情報サイト運営会社だ。

 創業は21年前の1997年。社長の冨田英揮がたった1人で立ち上げた。7年後の2004年に東証マザーズ上場、17年後には東証1部上場を果たしている。会社の軌跡だけを見ると順風満帆に見えるが、冨田の前には常に大きな壁が立ちはだかっていた。

 愛知県内で英会話スクールを経営していた父親の次男として生まれた冨田は典型的なお坊ちゃまとして育ったが、バブル崩壊のあおりを受けて事業が傾き、父親は自己破産寸前まで追い込まれてしまう。スクールを売却し、その相手から経営を任されたのが冨田だった。当時26歳だった。なりふり構わぬ集客努力で黒字化を果たした冨田は、いつしか営業の面白みにどっぷりとハマっていた。ところが、経営者はほどほどの黒字に満足し、規模の拡大を望まない。経営方針に不満の冨田は翌年、スクールを退社し、起業に向けた道を歩み出した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  2. 2

    桑田真澄というカリスマが高校野球に物申したことの意義

  3. 3

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  4. 4

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  5. 5

    イタリア政治に風穴あけた「五つ星運動」共同設立者に聞く

  6. 6

    強豪校監督に聞いた 高校野球の球数制限「賛成?反対?」

  7. 7

    大食い客から猛批判「やよい軒」おかわり有料化の視界不良

  8. 8

    横綱白鵬に帰化を決意させた朝青龍とのギスギスした因縁

  9. 9

    開幕から6戦全勝 原巨人5年ぶりV奪回は“カモ虎”と共に

  10. 10

    DeNA“オープナー制”実らず データ野球浸透の壁を識者指摘

もっと見る