ハブ 太田剛社長<1>名門「報徳学園」へ駅伝選手として進学

公開日:

 英国風パブ「HUB」などを106店舗運営する「ハブ」社長の太田剛(57)は今年6月、カクテル・フードメニューを80~180円値下げし、500円以下の商品を大幅に増やした。

 外食産業界は材料費と人件費の高騰によって軒並み値上げに踏み切ったが、太田は逆に値下げをして「攻め」に出た。太田はサラリーマン経営者だが、勝負度胸の良さは並外れている。「経営者としての人間形成は陸上競技で身に付けた」という。

 太田は1961年、神戸市垂水区生まれ。3人兄弟の次男だ。父は公務員だった。勉強よりスポーツ好きで中学生になると陸上競技に熱中し、長距離ランナーになった。駅伝選手として報徳学園に進学した。

「報徳学園は駅伝の名門。入学すると私のような推薦入学者が1学年10人いました。入学式後、顧問の先生から『学生服をロッカーに保管し、ランニングスタイルで通学するように』と言われ、雨の日も走れるようにと雨がっぱを用意させられました。朝練はJR甲子園口駅から学校まで約3.5キロの区間。私は毎朝5時半に起床、JR神戸線垂水駅から約50分で甲子園口駅に到着し、7時ごろから先生と選手で集まって学校まで走りました。朝練、授業、また練習の毎日でした」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  2. 2

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  3. 3

    進退かかる稀勢の里…初場所で引退発表の“デッドライン”

  4. 4

    3700km横断!脳腫瘍の少年に愛犬届けたトラック野郎に喝采

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    月船さららさん 宝塚1年目の罰ゲームでドンペリを一気飲み

  7. 7

    進退問題への発展必至 JOC竹田会長の“後任”に浮上する面々

  8. 8

    熊のぬいぐるみから 娘のXマスプレゼントに母が涙したワケ

  9. 9

    一世風靡セピアで活躍の春海四方さんが名脇役になるまで

  10. 10

    脚が悪い犬を手術…獣医が「ネズミの着ぐるみ姿」なワケ

もっと見る