ハブ 太田剛社長<3>営業部長時代は強みと個性を忘れて迷走

公開日:

 英国風パブ「HUB」などを106店舗運営している「ハブ」。もともとハブは、ダイエー創業者の中内功が設立したものだ。

 大学時代、駅伝選手として鳴らした現社長の太田剛は、1982年夏の就職活動でハブの説明会に出席。「HUBを10年で1000店舗展開する」という壮大な構想に引かれ、大卒定期採用の3期生として83年にハブに入社した。当時、まだHUBは、神戸市三宮をはじめ6店舗しかなかった。

 太田は85年には六本木店店長、86年には渋谷店店長に就き、営業の第一線で力を発揮した。

「HUBは神戸や六本木など、外国人や海外旅行経験者が多い地域は繁盛しましたが、ダイエーの戦略で出店した札幌や平塚はほとんど来客がありませんでした。HUBが採用したキャッシュ・オン・デリバリー方式が、居酒屋文化に慣れた日本人に通用しなかったからです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  2. 2

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  3. 3

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  4. 4

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  5. 5

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  6. 6

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  7. 7

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

  8. 8

    南沢奈央と破局…“こじらせ男”オードリー若林に次の春は?

  9. 9

    霞が関の友人が言った「トランプは田中真紀子」の意味深長

  10. 10

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

もっと見る