無印良品も参入 東京五輪見据え“銀座ホテル戦争”が加熱

公開日: 更新日:

「清二さんは自分たちの流通文化を銀座に持っていき、日本の中心で芸術、文化をさらに高めたいという思いが強かった。それが有楽町に西武百貨店を造り、ホテル西洋銀座を造るという清二さんの銀座戦略の一端だったんです」(清二氏と親しかったジャーナリスト)

 しかし、西武グループの経営難から清二氏は銀座から撤退、13年に建物を売却、ホテルは閉館した。それから6年後の19年4月、無印良品の「MUJI HOTEL GINZA」が開業する。無印良品で新しい文化を定着させた良品計画の松井忠三前会長は清二氏の愛弟子だ。まさに清二氏の銀座への思いを受け継いだホテルといえる。複合ビルの7階から10階の全79室がホテルで、コンセプトは「アンチゴージャス、アンチチープ」。ちょうど良い価格で、よく眠れ、旅先での体と心を整える空間と、宿泊客と土地をつなぐサービスを提供。同ビルの地下1階から6階には無印良品の新しい世界旗艦店「無印良品 銀座」が開業する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    片山杜秀氏 日本は“束ねられる”ファシズム化が進んでいる

  2. 2

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

  3. 3

    巨人菅野の深刻一発病なぜ? 本人や相手打者ら8人に総直撃

  4. 4

    人気定着だから見えてきた カーシェアの「残念な点」3つ

  5. 5

    シーズン中に異例の発表 G上原を引退に追い込んだ球威不足

  6. 6

    レオパレス21も標的 旧村上ファンド系が次に狙う会社は?

  7. 7

    “ヨン様そっくり”ぺよん潤 芸人仕事と兼ねる意外な副業

  8. 8

    嫌われアナ1位に浮上 テレ朝・弘中綾香アナ“鋼のメンタル”

  9. 9

    トランプが千秋楽観戦で…正面マス席1000席確保の大困惑

  10. 10

    首位要因は丸だけ?当事者に聞いた原巨人と由伸時代の違い

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る