クリーマ 丸林耕太郎社長<4>一本立ちするクリエーター激増

公開日:

 2013年、東京ビッグサイトで、2500人以上ものクリエーターの作品を展示販売する「ハンドメイドインジャパンフェス」を開催する。

「東京ビッグサイトを借り、施工を入れて、となると信じられないほど費用がかかるんです。まだ軌道に乗っているとは言えない、当時社員6人のみの小さなインターネットベンチャーが、ほとんどスポンサーも入れずに自己資金で開催するわけですから、『失敗したら会社もろとも、信頼も何もかも全て吹っ飛ぶ。この勝負だけは絶対に負けられない』という覚悟でやりました」

 幸いなことに、2日間で2万5000人を超える人々が来場し、大成功を収める。

 その後も、回を重ねるごとに人気は高まり、今年の来場者は5万人を記録するまでになった。

 ハンドメイドマーケットプレイス「クリーマ」は開設して8年になる。そこで、大きく変わったことがある。クリエーターとして食べていける人が圧倒的に増えたのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  3. 3

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  4. 4

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  5. 5

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  6. 6

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    試行錯誤を経てたどり着いた「バントは時間稼ぎ」の極意

  10. 10

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

もっと見る