ゴーン会長逮捕で日産株が急落64円安…ルノーも一時15円安

公開日:  更新日:

 カルロス・ゴーン会長逮捕を受け、20日の東京株式市場で日産株は売りが殺到し、株価は暴落。前日比64円50銭安の941円で始まった。

 逮捕直後の19日のニューヨーク市場で、日産株は取引開始直後に前週末終値比で一時8%超の大幅下落。その後やや値を戻し、同5.85%安で取引を終えていた。

 日本の大手企業は、外国人投資家が米国にいながら株式を取引できるよう、ADR(米国預託証券)という仕組みを利用。日産もニューヨーク市場でADRを発行している。

 ゴーン容疑者が会長兼CEOを務めるフランスのルノーも、19日のパリ市場で大幅に下落した。逮捕が報じられると、経営の先行きに懸念が広がり売りが殺到。株価は一時、前週末終値比で約15%下げ、結局、同8.43%安で取引を終えた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  4. 4

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  5. 5

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    半グレ摘発も…真空地帯となったミナミを仕切るのはどこか

もっと見る