西武ライオンズ居郷肇社長<3>突然、球団社長を命じられる

公開日: 更新日:

 西武ライオンズ社長の居郷肇は、西武グループの「有価証券虚偽記載事件」が発覚した2004年当時、プリンスホテルで箱根地区の総支配人を務めていた。グループ総帥でカリスマだった堤義明が辞任し、翌年、みずほコーポレート銀行(現みずほ銀行)副頭取だった後藤高志が招聘された。

「信頼回復に向けて、コンプライアンスの順守とか内部統制をしっかりやるということで、現場も混乱して大変でしたけど、事業所を売ったり整理したりと大ナタを振るわざるを得なかった。リストラせず、すべて残して再生できたら一番良かったわけですが、それが許される状況ではありませんでしたから」

 リストラの対象になるか、会社に残れるか、サラリーマンには運、不運もある。

 2007年、プリンスホテル傘下の「箱根くらかけゴルフ場」、西武鉄道傘下の「おおむらさきGC」「吉井南陽台GC」の3ゴルフ場がセットで売却された際のことだ。たまたま、居郷がいた箱根では、くらかけゴルフ場が売却対象となった。当時、そのゴルフ場にいた社員は全員、退職して売却先企業への移籍を強いられた。能力や適性、勤務態度とはまったく関係なかったという。たまたま、その直前に売却先に異動になった社員もいたようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  2. 2

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  3. 3

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  4. 4

    主演映画が大コケ…高橋一生は「東京独身男子」で見納めか

  5. 5

    安倍首相に怯える公明 増税延期解散なら小選挙区壊滅危機

  6. 6

    横綱白鵬に帰化を決意させた朝青龍とのギスギスした因縁

  7. 7

    専門家が分析「亀と山P」春ドラマ対決の“勝者”はどっち?

  8. 8

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  9. 9

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  10. 10

    永野芽郁と本田翼が急伸 2019年"CM女王争い"に異変の兆し

もっと見る