経済効果2兆円…25年「大阪万博」関連銘柄は大フィーバー

公開日:

 2025年に開催される大阪万博の全国への経済波及効果は2兆円規模に上るという。20年東京五輪後の日本経済の牽引役として期待が高まりつつある。

 株式市場も関連株への期待が大きくなってきた。週明け26日には、関西に強い地盤を持つ大林組や浅沼組のほか、海洋土木が得意の五洋建設は4~5%上昇した。

 機械関連では三精テクノロジーズ(東証2部)が16%の大幅高を演じた。この会社は舞台装置などに強く、「過去の万博で事業実績がある」(銀行系証券)と評価が高い。

 観光客の増加を見越し、南海電鉄にも人気が集まった。万博会場となる「夢洲(ゆめしま)」に土地を持つ物流会社の上組や、山九もハネ上がった。

 そのほか、関連銘柄として倉庫の櫻島埠頭や杉村倉庫、ロイヤルホテル、共立メンテナンス(ホテルのドーミーインを運営)、ユニゾHD(ホテルユニゾを運営)などに注目が集まっている。警備のALSOKやセコムも物色の対象だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る