コミットメント経営が崩壊でも居座り続けたゴーンの厚顔

公開日:

 2007年4月、日産自動車の決算会見でカルロス・ゴーンは「日産バリューアップでの全てのコミットメント達成時期を1年間延長する」と一方的に宣言した。にもかかわらずゴーンは自らの失敗を認めない。それどころか「当初の目標を割るのはこの8年間で初めてで、多くのことを学んだ」と開き直った。

 報道陣から進退を問われても、「株主の手にかかっている」と自らの経営責任については口を閉ざした。日産株の4割以上を握る最大株主は、自らが最高経営責任者(CEO)を務める仏ルノー。「株主総会でゴーン解任が決まる可能性などなく、絶対に辞任しないと表明したのと同じ。よくも堂々と言ってのけたものだとあきれた」と当時、自動車担当だった経済記者は振り返る。

 おまけに、この日発表した08年3月期の世界販売目標は370万台。日産バリューアップのコミットメントだった420万台を50万台も下回る「未達を前提とした目標」だったのだ。日産社長就任時に「1つでも未達なら社長を辞任する。それがコミットメント(公約)だ」と豪語したのもどこへやら。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  8. 8

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る