料金徴収も作業せず…爆発事故のアパマンに詐欺罪が成立か

公開日:

 札幌市豊平区で16日夜に起きた爆発事故。北海道警は、重過失傷害容疑で捜査する方針だが、加えて、アパマンは詐欺罪に問われる可能性も出てきた。

 爆発は、不動産仲介「アパマンショップ平岸駅前店」での廃棄予定の消臭スプレー120本のガス抜きが原因だった。「アパマンショップリーシング北海道」の佐藤大生社長は「スプレーの廃棄はサービスを実施していなかったことが一因」として、消臭・抗菌サービスを顧客と契約し、1万~2万円の料金を徴収しながら、実施していないケースがあったという。

 佐藤社長は、道内全13店舗で実施状況を調査するとしているが、道内だけで済む話なのか。実は、不動産業界では、顧客から料金だけ取り、サービスを実施しないケースが増えているという。

「昔は、敷金2カ月、礼金2カ月、仲介手数料1カ月が普通でした。今は過当競争で、敷金、礼金はそれぞれ1カ月が当たり前。ゼロも少なくない。契約時の収入が減ったため、クリーニング代などの他の名目で料金を吹っかける仲介業者がいるのです。中には、手抜きや全く作業をしない悪徳業者もいる。今回のアパマンもそうしたケースではないかと疑われているのです」(都内の不動産仲介業者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  8. 8

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る