中国でiPhoneが売れない…米アップル2年3カ月ぶりの減収

公開日: 更新日:

 米アップルが29日に発表した2018年10~12月期決算は、中国の景気減速などで、売上高が前年同期比5%減の843億1000万ドル(約9兆2000億円)となり、2年3カ月ぶりの減収となった。

 減収の最大要因は、主力製品iPhoneの販売が前年同期比で15%も大幅に落ち込んだこと。純利益は同0.5%減の199億6500万ドル(約2兆2000億円)と2年ぶりの減益だ。特に中国でのiPhoneの売り上げ減が著しく、27%減の131億6900万ドル(約1兆3200億円)。

 ティム・クックCEOは「今回の決算内容は失望するものだったが、ビジネスの底堅さを示すことができた」とコメントしたが、19年1~3月期も前年同期比で減収を予想しており、部品を供給する日本メーカーへの影響も懸念される。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    衆院補選10年ぶり敗戦濃厚で 甘利選対委員長に「責任論」

  3. 3

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  4. 4

    白鵬は厳罰不可避か 春場所の“三本締め”に八角理事長激怒

  5. 5

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  6. 6

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  7. 7

    失言や失態だけじゃない 桜田五輪大臣辞任「本当の理由」

  8. 8

    投手陣崩壊…広島“沈没”は2年前のドラフトから始まった

  9. 9

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  10. 10

    中日・根尾は大学を経てからのプロ入りでもよかったのでは

もっと見る