「DCM」vs「コメリ」大型ホームセンター社員の生涯給与

公開日: 更新日:

 日曜大工のDIYやガーデニングを趣味にしている人たちにとって、ホームセンターは通い慣れた場所です。今回の損得は大手の「DCMホールディングス」と「コメリ」の社員待遇を比較してみます。

 DCMは2006年設立の品川区に本社を置くホームセンターチェーンです。カーマ、ダイキ、ホーマックの提携が原型であり、国内に674店舗を展開。ケーヨーD2とも資本業務提携しています。

 対するコメリは、1952年に三条市で創業。「コメリパワー」「コメリホームセンター」などを全国展開しています。1192店舗で国内最多の店舗数を誇ります。

 前期の連結売上高はDCMが4436億円で、コメリが3419億円。経常利益は186億円と171億円で、規模・業績ではDCMですが、成長性ではコメリが上回っています。有価証券報告書によると、DCMの平均年収はホールディングス社員というのもあって765万円、一方のコメリは406万円です。年齢別の推定年収は、ピーク時の50歳で791万円と454万円で337万円の差となります。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  2. 2

    桑田真澄というカリスマが高校野球に物申したことの意義

  3. 3

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  4. 4

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  5. 5

    イタリア政治に風穴あけた「五つ星運動」共同設立者に聞く

  6. 6

    強豪校監督に聞いた 高校野球の球数制限「賛成?反対?」

  7. 7

    大食い客から猛批判「やよい軒」おかわり有料化の視界不良

  8. 8

    横綱白鵬に帰化を決意させた朝青龍とのギスギスした因縁

  9. 9

    開幕から6戦全勝 原巨人5年ぶりV奪回は“カモ虎”と共に

  10. 10

    DeNA“オープナー制”実らず データ野球浸透の壁を識者指摘

もっと見る