福生病院「死」の選択肢提示 腎臓病患者が透析中止で死亡

公開日: 更新日:

 東京都福生市の「公立福生病院」(松山健院長)で昨年8月、外科医(50)が女性の腎臓病患者(当時44歳)に対して人工透析治療をやめる選択肢を示し、透析治療中止を選んだ女性が1週間後に死亡したという。7日の毎日新聞が報じた。

 病院側によると、女性は昨年8月に同病院の腎臓病総合医療センターで受診する前、約5年間にわたり透析治療を受けていた。

 センターの外科医が「死に直結する」と説明した上で透析をやめる選択肢を提示すると、女性は「透析はもういや」と中止を選択。夫(51)や看護師の立ち会いの下で女性が意思確認書に署名し、治療は中止された。

 女性は「息が苦しい」と14日に入院し、15日になって「透析中止を撤回する」と話した。そのため夫は治療再開を求めたが、外科医は苦痛を和らげる治療を実施し、女性は16日夕方に死亡した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  2. 2

    「欅坂46」長濱ねる ファンは感じていた卒業発表の“予兆”

  3. 3

    「超面白かった」宇多田ヒカルは直撃取材直後にブログ更新

  4. 4

    テレ朝が異例抜擢 元乃木坂46斎藤ちはるアナの評判と実力

  5. 5

    JOC竹田会長辞任決意のウラ側 “国内引きこもり”が決定打

  6. 6

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  7. 7

    HISの澤田秀雄会長はなぜ50億円の詐欺話に引っかかった

  8. 8

    酒気帯びで自殺説まで…ビートたけし「バイク事故」の衝撃

  9. 9

    防衛大で“異次元”と訓示 安倍政権で防衛予算10兆円の恐怖

  10. 10

    母・光子さんの陰で…フィルムに焼き付いた宮沢りえの“闇”

もっと見る