中村芳平
著者のコラム一覧
中村芳平外食ジャーナリスト

1947年3月9日、群馬県生まれ。早大卒。「週刊サンケイ」の契約記者などを経てフリーに。近著に「居酒屋チェーン戦国史」(イースト新書)。

後継者難で閉鎖店舗相次ぐ「養老乃瀧」が復活賭ける新業態

公開日: 更新日:

 大衆居酒屋チェーンの元祖・養老乃瀧は、2017年から「養老牛丼」を復活販売し、今年4月には神宮球場でテークアウト専門店の「つばめ食堂」を初出店、「養老牛丼」を中核に食堂業への再参入を模索している。

「養老乃瀧」は創業者の木下藤吉郎(本名・矢満田富勝)が1938(昭和13)年、18歳のとき故郷の長野県松本市で「富士食堂」を創業したのがスタートだ。のれん分けではなくアメリカ発祥のFC方式に近い「のれん貸し商法」を開発、大成功した。しかし、放漫経営に加え脱税などで摘発され、松本時代の事業を売却。二十数人の精鋭部隊を引き連れて、56年9月、横浜市磯子に住居兼宿舎を構えた。

 56年12月、横浜市曙町(当時は青線地帯)に「大衆酒蔵 養老乃瀧」第1号店を開業(当初24時間営業)した。魚フライ、串カツ、カレーライス、カツ丼、ビールなどの大衆食堂と酒場をコラボしたような業態で、大繁盛。あまりに忙しすぎて調理人が「朝飯を夜の10時に食った」という状況だった。そこで煮込み、焼き鳥、刺し身、漬物など手間暇のかからない酒場メニューに絞り込んでいった。これが後の「村さ来」「つぼ八」「ワタミ」などへと続く総合型居酒屋の先駆けとなるのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「一軒家」逆転で…「イッテQ!」に意外なリストラ候補が

  2. 2

    国分太一「ビビット」降板…TOKIOに囁かれる“空中分解説”

  3. 3

    大混戦必至の参院東京選挙区 有力美人候補4人は全員当選か

  4. 4

    ソフトBがメジャー1巡目指名19歳獲り 米有望株なぜ日本へ

  5. 5

    新天皇にもやるのか トランプ“ポンポン握手”に外務省恐々

  6. 6

    “マクロ経済スライド”で40代、50代の年金は今後どうなる

  7. 7

    理由は子どもだけか 磯野貴理子“2度目離婚”芸能記者の見方

  8. 8

    いまさら聞けない年金受給 59歳から始める満額もらう準備

  9. 9

    「嫌いな女」10位に広瀬すず “炎上発言”とゴリ押しアダか

  10. 10

    白血病新薬にケチ…命を費用対効果で語る麻生氏に批判殺到

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る