ビズリーチ 南壮一郎社長<1>激しい環境変化を生き抜いた

公開日: 更新日:

 高いビジネススキルを持つ即戦力人材の転職を支援し、一躍脚光を浴びているインターネット企業の「ビズリーチ」。働き方改革の旗手といわれている。ビズリーチを創業したのが社長の南壮一郎だ。

 南の人生は波乱に満ちたものだ。6歳の時に父親の転勤で静岡県磐田市からカナダのトロントへ引っ越ししている。

「英語はまったくしゃべれないのに、学校には日本人がいない。言葉の壁を乗り越え、サバイバルな毎日でした」

 トロントでの生活に馴染んだと思ったのもつかの間、13歳のときに再び帰国、磐田市の公立中学へ転入。ところが、今度は日本の文化に順応できない。学ランや体操着の着用が義務づけられており、しかも名札までついている。

「それまで服装が自由だったので、どうしてそんなものを着なければならないのか、理由がわからなかった。しかも、英語には敬語の概念がないので、先輩や先生に話しかける時も敬語が使えない。明らかに浮いた存在でした」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権が労働者イジメ 経営者が首切り自由の“改悪制度”

  2. 2

    令和初の国賓も…日米首脳会談「共同声明」見送りの“真相”

  3. 3

    いまさら聞けない年金受給 59歳から始める満額もらう準備

  4. 4

    丸山議員が“宣戦布告” 日本がロシアに戦争を仕掛けたら?

  5. 5

    丸山議員は囲み取材わずか2分 本紙の直撃にも“逃げの一手”

  6. 6

    無名俳優と電撃格差婚で 川栄李奈にのしかかる“ミルク代”

  7. 7

    評価は急落…大船渡・佐々木“一球も投げず初戦敗退”の波紋

  8. 8

    私は転ばない…小川榮太郎氏との「過激な対談」が楽しみだ

  9. 9

    防衛大学校が受験者2250人も激減…蔓延する“いじめ”の実態

  10. 10

    磯野貴理子は女神か都合のいい女か…男女問題研究家の見解

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る