北朝鮮は貨物船押収に激怒 金正恩がたくらむ“次の一手”

公開日: 更新日:

「北の挑発行為はどんどんレベルが上がっています。次の一手は、日本を射程にしたノドン級ミサイルの発射ではないか。8月15日の『祖国解放記念日』や9月9日の『建国記念日』に合わせて発射するかもしれません」

 北朝鮮は今年の末、一気に勝負に出てくる可能性が高いという。

「韓国の諜報筋によると、北朝鮮はすでにSLBMを実戦化する段階に入ったといいます。金委員長は3回目の米朝会談について『今年末までは忍耐をもって米国の勇断を待つ』と言っていますが、その真意は、年末までにSLBMを完成させるための時間稼ぎでしょう。完成すれば互いに銃口を突きつけた状況になるので、米国は北を攻撃できなくなるのです」(高永喆氏)

 北のミサイル発射を知らせるJアラートが、また日本中で鳴ることになるのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカ復調の兆し 再結成「沢尻会」の意外な顔ぶれ

  2. 2

    安倍政権が労働者イジメ 経営者が首切り自由の“改悪制度”

  3. 3

    令和初の国賓も…日米首脳会談「共同声明」見送りの“真相”

  4. 4

    いまさら聞けない年金受給 59歳から始める満額もらう準備

  5. 5

    丸山議員が“宣戦布告” 日本がロシアに戦争を仕掛けたら?

  6. 6

    無名俳優と電撃格差婚で 川栄李奈にのしかかる“ミルク代”

  7. 7

    巨人・上原監督の可能性は?“生え抜きエース”の条件クリア

  8. 8

    丸山議員は囲み取材わずか2分 本紙の直撃にも“逃げの一手”

  9. 9

    評価は急落…大船渡・佐々木“一球も投げず初戦敗退”の波紋

  10. 10

    私は転ばない…小川榮太郎氏との「過激な対談」が楽しみだ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る