日本航空 赤坂祐二社長<1>日航ジャンボ機墜落は“私の原点”

公開日: 更新日:

 日本航空(JAL)は、言わずと知れた日本を代表する航空会社である。

 赤坂が入社を決めたのは、1985年に起きた日航ジャンボ機墜落事故がきっかけだった。

 東大大学院で航空工学を学んでいた赤坂にとって、520人もの犠牲者を出した航空事故は非常にショッキングな出来事として胸に刻まれた。

 当時、大学の研究室にも事故調査の協力を依頼され、赤坂自身もデータ解析の手伝いをした。

「今考えると、そんなことも影響したような気がします」

 もともとは、飛行機の設計をする仕事に就きたいと思っていた。

 しかし、この事故によって、飛行機を安全に飛ばすことのほうが、飛行機を造ること以上に大切なのではないかという思いが強くなり、赤坂の歩むべき道を決定づけたのだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  2. 2

    所属議員も鼻白む 自民党“ネトウヨ冊子”配布で参院選対策

  3. 3

    “バブリーダンス”伊原六花 「なつぞら」東京編の起爆剤に

  4. 4

    「嫌いな女」10位に広瀬すず “炎上発言”とゴリ押しアダか

  5. 5

    フジ月9出演も決定 「なつぞら」母親対決は山口智子に軍配

  6. 6

    大戦中に恋に落ちて…元米軍兵士と仏女性が75年ぶりに再会

  7. 7

    向こう見ずな首相のイラン訪問 取り返しのつかない大失敗

  8. 8

    【宝塚記念】有力馬の「グランプリ」回避続出には理由がある

  9. 9

    レアル入りタイミング最悪…久保建英が南米DF陣に狙われる

  10. 10

    「チルドレン」存在と不祥事のデパート化の因縁

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る