ユーハイム 河本武会長<1>「バウムクーヘン」と戦争の因縁

公開日: 更新日:

 元小学校教師の母はしつけには厳しかったが、「貧乏を卑下せず楽しみなさい」が口癖で、おかげで河本家に暗さはなかった。

 武少年は父・春男の血を継ぎ、小柄ながら学年一の運動能力を発揮。作文コンクールで入賞するなど勉強もよくできた。小学校4年生からは、周囲の子供たちの多くが通ったソロバン教室へ、3歳上の姉、7歳下の妹とともに通い始めた。しかし、なぜか6級試験を7、8回落ちた。

「母親が僕を励まそうと、毎日5円を握らせてソロバン教室に通わせてくれました。おかげで、私は腐ることなく通い、5級からは教室で一番早く合格しました」

 小学校を4回転校し、6年の時、岐阜市立加納小学校へ。小学校で受けるべき基礎教育は完璧ではなかったはずだが、6年生の担任の先生が「文武両道で男の中の男だね」と目をかけてくれたことが、武少年のその後の成長につながったという。

「先生が認めてくれたことで自覚が芽生え、もっと頑張ろうと思ったわけです」 (つづく)

(ジャーナリスト・中野裕子)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  2. 2

    安倍自民は大誤算 首都圏は「最後の1議席」が大激戦に

  3. 3

    維新に5.7億円もの“セルフ領収書”疑惑 参院選直撃は必至

  4. 4

    TV局に「元SMAP使うな」ジャニーズ事務所“圧力”の裏の傲慢

  5. 5

    宮川大輔が頓挫…24時間TVマラソンランナー選出のドタバタ

  6. 6

    「西城秀樹のサインはダメ」と叱ったジャニー喜多川さん

  7. 7

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  8. 8

    まるで被害者ヅラ 昭恵夫人が応援演説で公選法違反のススメ

  9. 9

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

  10. 10

    吉本「契約書なし」にカミついたハリセンボン春菜の正論

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る