古谷経衡さんが憂う有権者の劣化 日本の知性の底が抜けた

公開日: 更新日:

 背景にあるのは、職能団体の弱体化だと考えています。かつて日本の政治は、職能単位で支持政党が決まっていました。例えば、労働組合に属している正社員は社会党、医師会は自民党、繊維系労組は民社党、民主商工会は共産党、創価学会は公明党というふうに。こうした職能団体は所属する有権者の意見を集約して政党に上げると同時に、極端な意見を排除する役割を担っていた。有権者と政党の間の“緩衝材”として機能していたので、極論が存在しても世の中に出ることがなかったのです。ところが、非正規雇用が労働者の4割を占めるまでになり、職能の力が落ちたことで、極論を止める中間的存在の力がなくなった。そこにインターネットという拡散器がプラスされたので、どんどん極論が世の中に出てくるようになったのです。

 ――有権者が極論を支持すると、国会議員も極論に走ってしまうという危機感があります。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台風19号で断水 町の自衛隊給水支援に神奈川県が“待った”

  2. 2

    緊急放流の6ダムで事前放流せず 国交省・自治体に重大責任

  3. 3

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  4. 4

    ラグビーW杯悲願の8強 日本が打ち破った伝統国の“差別”

  5. 5

    ジョセフHCは続投前向きも 日本8強入りで“三つ巴”争奪戦に

  6. 6

    関電疑獄は経産省が隠蔽 18年末に問題把握も目つぶったか

  7. 7

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  8. 8

    「いだてん」視聴率ワースト更新で大河ドラマ存続の危機

  9. 9

    阪神CS出場も鳥谷は…寂しい終幕に球団と指揮官への不信感

  10. 10

    スコットランドにはショック…稲垣のトライが生まれた背景

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る