津田塾大学 島田精一理事長<2>メキシコで生死の瀬戸際に…

公開日: 更新日:

 当時の2大商社は三菱商事と三井物産。「人の三井、組織の三菱」と言われていた。自分には組織より人のほうが合っていると思い、三井物産を選んだ。

 入社3年目には念願のナポリ大学への留学を果たし、そのままイタリアに残り機械の販売を担当した。その間、東芝の部品をフィアット社に売り込むことにも成功。東芝側の担当者は、武蔵高の先輩の西室泰三氏(元東芝会長)。交渉をまとめるのは難しいと思われていただけに、たいへん喜ばれたという。

 順風満帆な商社マン人生を歩んでいた島田氏だったが、大きな落とし穴が待っていた。メキシコ三井物産の副社長を務めていた1985年のことだった。1月31日、出勤すると、いきなり4人の警官に拳銃を突きつけられ、拘束されてしまったのだ。47歳の時である。

 容疑は詐欺罪。現地の取引先に三井物産が輸出した人工皮革製造機が欠陥品だったというのである。まったくのでっち上げだった。しかも、納入したのは前任者の時代。相手は巨額の和解金をせしめる目的で、詐欺に遭ったと当局に訴え出たのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元手100万円が6年で“億り人” お笑い芸人はなぜ投資家に?

  2. 2

    一気にレギュラー3本消滅 有吉弘行は賞味期限切れなのか?

  3. 3

    豪華主演で注目!10月スタート秋ドラマの見どころを一挙に

  4. 4

    少女のレモネードスタンドにバイク野郎が大挙した感動秘話

  5. 5

    「出欠の返事ない人は椅子と食事持参で」の招待状が大ウケ

  6. 6

    藤原紀香vs天海祐希「サザエさん」主演で明暗くっきり?

  7. 7

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  8. 8

    聴覚障害少女が初の空の旅…乗務員の深い心配りに賞賛の声

  9. 9

    専門家も指摘 千葉・台風被害の迅速復旧を妨げる行政怠慢

  10. 10

    その男性はなぜ見知らぬ少女の誕生日ケーキ代を払ったのか

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る