WHILL 杉江理CEO<1>悪路も走破可能の電動車椅子ベンチャー

公開日: 更新日:

 これまで高齢者や障害者、ケガ人が主なユーザーだった車椅子が、まったく新しいものに変わろうとしている。車椅子に最先端のテクノロジーと高いデザイン性を取り入れ、注目を集めているのが電動車椅子のベンチャー企業「WHILL」だ。

 WHILLはその高い走破性で、段差があるところ(最大7・5センチまで)や凸凹道、砂利道、芝生など、どんな悪路でも室内でも利用できる。そして、手元だけでなく、スマホでも操作できるオールラウンドなパーソナルモビリティーである。

「これまでネガティブに見られていたものを、ポジティブなものに変えて行きたい」と話すのは、29歳でWHILLを創業したCEOの杉江理氏。

 1982年、静岡・浜松市で生まれた杉江氏は、共働きの両親のもと、姉、兄とともに、高校まで地元で過ごした。小学校から高校までバスケットボールに打ち込み、インターハイ出場を目標に、バスケの強豪校、静岡県立浜松湖東高校に進学。しかし、先輩の代で果たしたインターハイ出場も、杉江氏が3年生のときはかなわなかった。そして、いよいよ進路を選択する際、東京ではなく京都の大学に進学することにしたのは、神戸の大学で柔道に打ち込む兄の影響が大きかったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台風19号で断水 町の自衛隊給水支援に神奈川県が“待った”

  2. 2

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  3. 3

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  4. 4

    台風19号被害拡大 災害頻発列島で疑問だらけの対策対応<1>

  5. 5

    自衛隊員ゼロに…安倍政権が千葉県被災者の雨ざらしを放置

  6. 6

    スコットランド戦のキーマン WTB松島幸太朗の“超速伝説”

  7. 7

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  8. 8

    楽天新監督に三木氏 石井GM絶賛の育成とマネジメント能力

  9. 9

    W杯特需に期待せざるを得ない日本ラグビー界のお寒い事情

  10. 10

    クジで痛い目にあいたくない球団が入札で狙う社会人投手の名前

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る