森田健作知事 元タレントなのに災害対応で存在感ゼロの愚

公開日: 更新日:

 14日に東京電力パワーグリッド社長と面会し、被災現場を視察したが、ネット上では、<森田健作はどこに行った>などの疑問や批判が噴出した。タレント知事は“発信力”が売りなのに、被災直後に緊急の記者会見を開くこともせず、言い訳ばかりでは、非難されて当然だ。千葉県内で被災した政治評論家の本澤二郎氏がこう言う。

「台風が千葉に上陸する前から、史上最強クラスの大型台風が来ることは予想されていました。被災直後、森田知事は現場に直行せず、自治体と連携が取れなかった。実際、私の住む地域では、ブルーシートが4、5日経ってから配布されるという状況でした。今回の災害対応で、森田知事が存在感のない無責任な知事であることがはっきりしたと思います」

 県内では、今も停電や断水が続いている。3期も務めながら……知事失格だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    黒木瞳“監督”に映画界から三下り半「十二単衣…」が大コケ

  2. 2

    日ハム西川に逆転巨人入りの目 メジャーに意欲も障壁数々

  3. 3

    安倍「桜疑獄」地元・山口で大炎上 “子分”下関市長は恐々

  4. 4

    原英莉花にも“甘い蜜”が…プラチナ世代をスポイルするTV局

  5. 5

    小林浩美LPGA会長 前代未聞「表彰式」ブチ切れすっぽかし

  6. 6

    伊藤健太郎以外も…呪われた「とんかつDJアゲ太郎」の後味

  7. 7

    伊藤健太郎ひき逃げ事件の余波…“空席”を埋める3人の俳優

  8. 8

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  9. 9

    地域振興とは名ばかり…「地域共通クーポン」の散々な評判

  10. 10

    松坂大輔と斎藤佑樹が一軍登板ゼロでもクビにならない事情

もっと見る