出火直後に電源が…首里城火災は電気系統トラブルが原因か

公開日: 更新日:

 那覇市の首里城が焼失した火災の原因は、電気系統のトラブルか――。5日のNHKによると、火元とみられる正殿内に設置された防犯カメラ7台は、一部のカメラが出火の際とみられる光を記録した直後に、電源が一斉に落ち、映像が途切れた。

 また沖縄タイムスによると、電源が落ちたのは火災検知センサーが反応する直前だったという。焼け跡からは、電気を分配する「分電盤」が焦げた状態で見つかり、電気がショートした際にできる跡のようなものが残っていた。

 ただ、火災発生翌日の1日から始まった沖縄県警と市消防局による実況見分は難航中。地下にある世界遺産の遺構を傷つけないよう重機を使用していないためだ。正殿北側のがれきの撤去はほぼ終了したが、南殿と北殿はまだ手つかずのままだという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相「桜を見る会」で“買収”疑惑 公金私物化の元凶は

  2. 2

    女子プロ随一の人格者・笠りつ子の暴言騒動に「意外」の声

  3. 3

    NHK岩田明子氏 祝賀パレード特番で“安倍総理”連呼の違和感

  4. 4

    前夫の浮気に子育ての苦労…菊池桃子「再婚」までの凸凹道

  5. 5

    モリカケの次は英語民間試験 文教利権貪る「清和会」の罪

  6. 6

    レンタルなんもしない人 森本祥司さん<1>流されて会社員に

  7. 7

    石川秀美が地元誌に語った薬丸との最先端“ハワイ別居”生活

  8. 8

    メジャー挑戦 球界No.1二塁手広島・菊池涼介の意外な評価

  9. 9

    昭恵夫人また非常識露呈「饗宴の儀」に“訪問着”和服で出席

  10. 10

    原監督が大城ベタ褒めで G小林に課せられる“世界一の捕手”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る