新型コロナ「雇用助成金制度」が詐欺事件の温床になる?

公開日: 更新日:

「『雇用助成金』というのは昔から詐欺の温床になってきた制度です。例えば、1995年の阪神大震災でも、被災地企業を対象に雇用調整助成金制度の特例措置が設けられたのですが、申請書類を偽造し助成金約730万円をだまし取る詐欺事件が起きています。98年には、高齢者を継続的に雇用した事業主に国から助成金が支払われる雇用助成金を悪用する事件があったほか、2008年には、リーマンショックで経営が悪化した中小企業を支援するために創設された中小企業緊急雇用安定助成金制度を悪用した不正受給が全国で相次ぎました。おそらく、今回の新型コロナに関わる助成金制度でも、補助金詐欺事件が起きる可能性はあるでしょう」

 震災や景気の急激な悪化など、人々が混乱している時ほど詐欺事件が起こりやすい。火事場泥棒を見逃してはダメだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松本潤主演「99.9」ヒロインが黒木華ではなく杉咲花のワケ

  2. 2

    資産家は極力お金を使わない 身に付けている節約習慣とは

  3. 3

    櫻井翔×広瀬すず「ネメシス」大苦戦 なぜつまらないのか

  4. 4

    近藤真彦の非常識発言で明確に…ジャニーズ事務所の課題

  5. 5

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  6. 6

    三田寛子が不倫を繰り返す夫・中村芝翫と離婚しない理由

  7. 7

    視聴率は絶好調「ドラゴン桜」が映さない東大卒の“現実”

  8. 8

    「ドラゴン桜2」若手は粒ぞろい “第2の長澤まさみ”が現れるか

  9. 9

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  10. 10

    五輪選手らを選手村と会場に“閉じ込める”政府案の浅はかさ

もっと見る