菅総裁誕生の裏に“ポスト密約説”飛び交うドス黒い組閣情報

公開日: 更新日:

予定調和の「居抜き内閣」

 また、総務会長に佐藤勉元総務相(麻生派)、政調会長には下村博文選対委員長(細田派)、選対委員長には総裁選で菅選対の幹部を務めた山口泰明衆院議員(竹下派)を起用することも固まった。見事なまでの派閥均衡人事である。

 党役員が続々と決まる一方で、ほとんど漏れ伝わってこないのが閣僚人事だ。日英貿易交渉の継続性などから茂木外相(竹下派)の留任は確定。その他は、「ポスト菅」で注目を集める官房長官をはじめ、主要閣僚の内定情報がなかなか聞こえてこなかった。

「こんなことは初めてで、ほぼ全員が留任だから誰にも入閣打診の電話がかかってこないのではないかという冗談が党内で囁かれていたほどです。ただ、論功行賞で山口泰明氏が党役員に起用されたことから、同じく菅陣営の幹部を務めた二階派の平沢勝栄氏の入閣は間違いないと言われている。ポストは国家公安委員長が有力視されています。派閥推薦では、野上浩太郎参院議員(細田派)、甘利明税調会長(麻生派)の入閣も調整中と聞きます。入閣待機組の中では石原派の坂本哲志衆院議員の入閣が考えられます」(自民党中堅議員)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ギネスを目指すロシアの“超大型ネコ” 成長中メインクーンの体重は12.5キロ!

    ギネスを目指すロシアの“超大型ネコ” 成長中メインクーンの体重は12.5キロ!

  2. 2
    三田寛子「卒婚宣言」の現実味…夫・中村芝翫3度目不倫報道、もう神対応はみられない?

    三田寛子「卒婚宣言」の現実味…夫・中村芝翫3度目不倫報道、もう神対応はみられない?

  3. 3
    落合博満さんとの1対4トレード要員となった牛島は星野監督に「僕が何かしましたか?」

    落合博満さんとの1対4トレード要員となった牛島は星野監督に「僕が何かしましたか?」

  4. 4
    82歳資産家宅で強盗撲殺事件 23歳美人妻はダンプで乗りつけ夫の犯行を手助けした

    82歳資産家宅で強盗撲殺事件 23歳美人妻はダンプで乗りつけ夫の犯行を手助けした

  5. 5
    コロナ「第6波」ピークアウトはいつだ? オミクロン株先行国は1カ月程度で頭打ち

    コロナ「第6波」ピークアウトはいつだ? オミクロン株先行国は1カ月程度で頭打ち

もっと見る

  1. 6
    「クレベリン」に措置命令で消費者から「効果ないならお金返して!」の声も 大幸薬品の対応は

    「クレベリン」に措置命令で消費者から「効果ないならお金返して!」の声も 大幸薬品の対応は

  2. 7
    10代女性とホテルで休憩中に…エリート医師が財布からポイントカードをくすねた顛末

    10代女性とホテルで休憩中に…エリート医師が財布からポイントカードをくすねた顛末

  3. 8
    “お局バラドル”山瀬まみにリストラの嵐…「新婚さんいらっしゃい!」桂文枝卒業の余波

    “お局バラドル”山瀬まみにリストラの嵐…「新婚さんいらっしゃい!」桂文枝卒業の余波

  4. 9
    関ジャニ大倉忠義と熱愛報道 広瀬アリスの「ありがとうございます」で分かる交際進展度

    関ジャニ大倉忠義と熱愛報道 広瀬アリスの「ありがとうございます」で分かる交際進展度

  5. 10
    阪神の今季の問題はただひとつ 4番や開幕投手などどうでもいい

    阪神の今季の問題はただひとつ 4番や開幕投手などどうでもいい