室井佑月
著者のコラム一覧
室井佑月作家

1970年、青森県生まれ。銀座ホステス、モデル、レースクイーンなどを経て97年に作家デビュー。TBS系「ひるおび!」木曜レギュラーほか各局の情報番組に出演中。著書に「ママの神様」(講談社)、「ラブ ファイアー」(集英社文庫)など。

自民党の議員は現世で勝ち逃げすることしか考えちゃいない

公開日: 更新日:

「(前略)後世の検証にとても耐えられません」(蓮舫・参議院議員・立憲民主党)

 これは9月11日の蓮舫さんのTwitterでの言葉。

 なんについて語っているか。前略した部分を載せる。

【写真】この記事の関連写真を見る(16枚)

「(前略)総理は感染症に関する公文書を歴史的緊急事態に指定。首相官邸での限られた人員による連絡会議では学校休校や宣言等の重要施策の方向付けが決定。開示を求めると総理、大臣発言は記録なし。」

 総理大臣が安倍氏から菅氏になったけど、蓮舫氏のいってるエゲツなさは変わりそうもない。そして、「後世の検証にとても耐えられません」という前出の言葉につづく。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新しい地図&石橋貴明「低視聴率組」にテレビマン戦々恐々

  2. 2

    元SMAP「新しい地図」が今もテレビに登場しない本当の理由

  3. 3

    コロナ支援金が次々と期限…迫る倒産・閉店・失業ラッシュ

  4. 4

    田澤指名漏れの衝撃…背景に米国も呆れたNPBの“島国根性”

  5. 5

    案里被告を保釈して大丈夫なのか…過去に全裸や救急搬送も

  6. 6

    中日エース大野雄大に残留情報 巨人垂涎もコロナで資金難

  7. 7

    西武指名は“110kg大砲”渡部健人「デブ専」貫く球団の勝算

  8. 8

    岡村隆史“奇跡のV字回復”なのに 新妻をひた隠しにするワケ

  9. 9

    菅内閣は個別政策のみで長期的ビジョン・社会像が見えない

  10. 10

    韓国59人死亡の衝撃 インフル予防接種がはらむ重症リスク

もっと見る