森功
著者のコラム一覧
森功ノンフィクション作家

1961年、福岡県生まれ。出版社勤務などを経て、2003年からノンフィクション作家として活動を開始。「ヤメ検 司法エリートが私欲に転ぶとき」「同和と銀行」「腐った翼 JAL消滅への60年」「悪だくみ 『加計学園』の悲願を叶えた総理の欺瞞」「官邸官僚 安倍一強を支えた側近政治の罪」など著書多数。最新刊は最新刊は「ならずもの井上雅博伝 ヤフーを作った男」(講談社)。

「集団就職」の真偽を問いただすと口調が興奮気味に一変

公開日: 更新日:

 取材を始めた2015年、菅義偉はすでに官房長官として安倍晋三内閣に欠かせない存在だった。本人の素顔を知るため、生まれ故郷の秋田県や選挙地盤の横浜市を歩いたことを思い出す。気の早い地元の湯沢市民たちは、「秋田県初の内閣総理大臣誕生だ」と期待を込めてそう語った。

【写真】この記事の関連写真を見る(16枚)

 もっとも母や姉をはじめ、近親者であればあるほど、政権ナンバー2の地位に上り詰めた実感すらない。まさか首相になるとは想像できなかったに違いない。改めて過去の取材記録をめくり直してみるとそう感じる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  2. 2

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  3. 3

    近大・佐藤1位指名も阪神育成ベタ…よぎる“藤浪の二の舞”

  4. 4

    菅首相が所信表明で言い間違い連発…予算委“火だるま”必至

  5. 5

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  6. 6

    安倍前首相ファクト発言にツッコミ殺到「おまえが言うか」

  7. 7

    日本列島を襲うコロナ秋の第3波 感染拡大の危険な22道府県

  8. 8

    田澤指名漏れの衝撃…背景に米国も呆れたNPBの“島国根性”

  9. 9

    GoToトラベル「制度改悪」笑い止まらないのは旅行大手だけ

  10. 10

    今年のドラフトは“戦略ダダ漏れ”「個室指名」の意外な盲点

もっと見る