森功
著者のコラム一覧
森功ノンフィクション作家

1961年、福岡県生まれ。出版社勤務などを経て、2003年からノンフィクション作家として活動を開始。「ヤメ検 司法エリートが私欲に転ぶとき」「同和と銀行」「腐った翼 JAL消滅への60年」「悪だくみ 『加計学園』の悲願を叶えた総理の欺瞞」「官邸官僚 安倍一強を支えた側近政治の罪」など著書多数。最新刊は最新刊は「ならずもの井上雅博伝 ヤフーを作った男」(講談社)。

菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

公開日: 更新日:

 雪深い農村から徒手空拳で上京し、図らずも政治の道に入って、ここまで来た――。

 菅義偉はことあるごとに世襲の2世議員ではない、叩き上げの苦労をアピールしてきた。

【写真】この記事の関連写真を見る(16枚)

 本人は意識していないかもしれないが、朴訥とした語り口やぶっきらぼうな態度が、政界での存在感を増した要因のように感じる。東北の田舎者が世に揉まれてリアリストになったというイメージが、菅の強みになってきた。

 元秘書に聞くと、当人は国会議員になってから用もないのに東北本線の上野駅へ向かい、もの思いに耽ったらしい。家族への思いを残し続けてきたのはたしかだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊藤健太郎“有頂天”からの転落 よぎる3年前のひき逃げ事件

  2. 2

    伊藤健太郎のひき逃げ逮捕で注目された「野村周平」のナゼ

  3. 3

    「栄冠は君に輝く」作詞の加賀大介と松井秀喜の意外な縁

  4. 4

    私がラミレス監督を「これぞ、監督!」と評価し続けたワケ

  5. 5

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  6. 6

    預金封鎖、資産税、暗号資産、ハイパーインフレを警戒せよ

  7. 7

    8カ月で復帰したビートたけしと徳井義実の“決定的な違い”

  8. 8

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  9. 9

    やっぱり?組織委&警察「五輪中止」折り込みドタバタ人事

  10. 10

    小川彩佳「NEWS23」産休から復帰も…早くもリストラ降板説

もっと見る