小池都知事ダンマリ…菅首相にビビり政府と“ケンカ”せず?

公開日: 更新日:

 22日までの4連休、各地には多くの観光客が殺到した。政府の「Go To トラベル」が影響したのは間違いない。2週間後、再び新型コロナが拡大する恐れがある。

 意外なのは、小池都知事が政府に一切、注文を付けなくなっていることだ。これまで“女帝”は、「Go To キャンペーン」など、政府が経済活動を活性化させようとすると、「冷房と暖房の両方をかけるようなこと」「旅行を促す状況じゃない」と、「待った」をかけてきたが、今回はなぜかダンマリを決め込んでいる。

「知事は菅新首相にビビっているようだ」――。

都民ファーストの会(都F)」の中からは、こんな声が漏れ始めている。ある都F関係者はこう話す。

「知事が最後に政府方針にあらがったのは先月27日。まだ菅政権が誕生する前です。都内の飲食店に求めていた夜10時までの時短営業を8月末に解除する方針だったのに、方針公表の当日にひっくり返し、23区に限っては今月15日まで時短延長することを決定した。当時の安倍政権が、東京都をGo Toの対象に含める方針を検討していたことに対し、『都発着を含めるのは時期尚早』とメッセージを送った格好です。しかし、菅政権発足が濃厚になるや、Go Toも容認姿勢に転じました」(前出の関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    岡村隆史の結婚秘話「相手はあの子」NSC時代の恩師明かす

  2. 2

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  3. 3

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  4. 4

    岡村隆史“奇跡のV字回復”なのに 新妻をひた隠しにするワケ

  5. 5

    田澤指名漏れの衝撃…背景に米国も呆れたNPBの“島国根性”

  6. 6

    菅首相が所信表明で言い間違い連発…予算委“火だるま”必至

  7. 7

    案里被告を保釈して大丈夫なのか…過去に全裸や救急搬送も

  8. 8

    11月1日廃止されるのは大阪市ではなく民主主義ではないか

  9. 9

    田中みな実“低身長”発言が物議…153cmは女優の武器に?

  10. 10

    近大・佐藤1位指名も阪神育成ベタ…よぎる“藤浪の二の舞”

もっと見る