自民コロナ陽性も濃厚接触者ゼロ 保健所“上級国民”優遇か

公開日: 更新日:

 国会議員初の感染に、永田町はなぜか“無風”状態だ。18日、自民党高鳥修一衆院議員の新型コロナ陽性が発覚。感染力の発生は発症2日前から。保健所に濃厚接触者と判断されると、14日間の隔離が必要で、自宅待機を要請される。

■大臣には即連絡が入り、無役議員は“放置”

 高鳥氏の陽性発覚2日前、16日の衆院本会議で40分間、両隣に座っていたのは井上信治万博相と無役の金田勝年議員。井上氏には19日に保健所から「濃厚接触者に当たらない」と連絡があり、金田氏には23日時点でも「保健所から連絡はない」(金田事務所)。大臣と無役の対応は明暗クッキリだ。

「密」な環境で共に食事した議員も隔離を免れた。高鳥氏は17日午前、所属する清和会の会合に出席。ニュース映像を見ると、数十人が複数の長机を囲みサンドイッチを頬張っていた。飛沫拡散は不可避だが、清和会事務局は「参加者全員が濃厚接触者でないと判断を受けた」と回答。これには驚いてしまう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    岡村隆史の結婚秘話「相手はあの子」NSC時代の恩師明かす

  2. 2

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  3. 3

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  4. 4

    岡村隆史“奇跡のV字回復”なのに 新妻をひた隠しにするワケ

  5. 5

    田澤指名漏れの衝撃…背景に米国も呆れたNPBの“島国根性”

  6. 6

    菅首相が所信表明で言い間違い連発…予算委“火だるま”必至

  7. 7

    案里被告を保釈して大丈夫なのか…過去に全裸や救急搬送も

  8. 8

    11月1日廃止されるのは大阪市ではなく民主主義ではないか

  9. 9

    田中みな実“低身長”発言が物議…153cmは女優の武器に?

  10. 10

    転落に巻き添えで女子大生死亡…遺族は補償を受けられるか

もっと見る