室井佑月
著者のコラム一覧
室井佑月作家

1970年、青森県生まれ。銀座ホステス、モデル、レースクイーンなどを経て97年に作家デビュー。TBS系「ひるおび!」木曜レギュラーほか各局の情報番組に出演中。著書に「ママの神様」(講談社)、「ラブ ファイアー」(集英社文庫)など。

自民党総裁選 カッコ悪い大人たちにど汚いもの見せられた

公開日: 更新日:

『(前略)日本に、イジメはなくならない 何故なら、カッコ悪い大人を見ているから』(後藤田正純・衆議院議員・自民党

 これは9月15日の後藤田氏のTwitterでの言葉。もちろん、自民党総裁選のことをいっている。

 イジメ容認のカッコ悪い大人とは、自民党の議員たちのこと? それともメディアの人間のこと? 両方だよな。

 自民党総裁選、いやぁ、今回はカッコ悪い大人たちに、ど汚いものを見せられた。

 派閥のドンが地獄の鬼のように登場し、まわりを恫喝しながら、菅首相を推した。でもって、自分らの意に沿わない石破氏を最下位に貶めるため、票の横流しまで画策した。

 子分らは親分の意向に、疑問を持ったりしないのであった。嬉々として親分に従った。ほんとにイジメの構図だよ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「鬼滅の刃」ブームは終わったのか? テレビ版「無限列車編」の視聴率がイマイチの理由

    「鬼滅の刃」ブームは終わったのか? テレビ版「無限列車編」の視聴率がイマイチの理由

  2. 2
    和久田麻由子アナいよいよNHKの絶対的エースに “独走状態”がゆえに公私でのパンクが心配

    和久田麻由子アナいよいよNHKの絶対的エースに “独走状態”がゆえに公私でのパンクが心配

  3. 3
    中日・又吉克樹FA宣言で争奪戦必至 移籍先候補「残る球団」と「消える球団」

    中日・又吉克樹FA宣言で争奪戦必至 移籍先候補「残る球団」と「消える球団」

  4. 4
    “10万円相当給付”のムダな事務経費900億円に公明・山口代表「問題ない」の大ヒンシュク!

    “10万円相当給付”のムダな事務経費900億円に公明・山口代表「問題ない」の大ヒンシュク!

  5. 5
    秋篠宮さま「相当ひどいことが書いてある」…誕生日会見で明かした“ネット書き込み”閲覧の苦悩

    秋篠宮さま「相当ひどいことが書いてある」…誕生日会見で明かした“ネット書き込み”閲覧の苦悩

もっと見る

  1. 6
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  2. 7
    鈴木誠也は「住環境」と「強豪」を優先 希望に合致して浮上したメジャー4球団はココだ!

    鈴木誠也は「住環境」と「強豪」を優先 希望に合致して浮上したメジャー4球団はココだ!

  3. 8
    オミクロン株の猛烈感染力、しかも空気感染する可能性 空港ザル検疫すり抜けすでに日本上陸か

    オミクロン株の猛烈感染力、しかも空気感染する可能性 空港ザル検疫すり抜けすでに日本上陸か

  4. 9
    シートベルト着用が致命傷の盲点に…後部座席の警察官が内臓破裂で死亡

    シートベルト着用が致命傷の盲点に…後部座席の警察官が内臓破裂で死亡

  5. 10
    反共発言を繰り返す芳野友子・連合会長は「与党が仕掛けたトロイの木馬」 ネットに呆れる声

    反共発言を繰り返す芳野友子・連合会長は「与党が仕掛けたトロイの木馬」 ネットに呆れる声