菅首相は各派閥の長や幹部の地位を保証しておくだけで安泰

公開日: 更新日:

「♪東京だよ、オッ母さん。あれが二重橋、こっちが首相官邸よ」

「だれだ! コロナの最中に唾を飛ばしてはしゃいでるのは?」

「アイ・アム・ソーリー(総理)?」

 今どき首相就任の記者会見で、農村出身、苦学、政界の雑巾がけ時代を披露され、立身出世を称えてくれと言われても戸惑うばかりだ。令和の二宮金次郎?

 とにかくセンスがずれているし、国際舞台に出せるような見識も風格もない。

 それでも、新内閣の支持率が65%に跳ね上がったのは、日本人のメンタリティーの問題だ。つまり、政治は庶民が口を出すものではなく、お上に任せとけばよいと通常は考えている。

 その反動で、田中角栄や菅のようなたたき上げがたまに出てくると、オラが仲間の大出世だと熱狂する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新しい地図&石橋貴明「低視聴率組」にテレビマン戦々恐々

  2. 2

    元SMAP「新しい地図」が今もテレビに登場しない本当の理由

  3. 3

    コロナ支援金が次々と期限…迫る倒産・閉店・失業ラッシュ

  4. 4

    田澤指名漏れの衝撃…背景に米国も呆れたNPBの“島国根性”

  5. 5

    案里被告を保釈して大丈夫なのか…過去に全裸や救急搬送も

  6. 6

    中日エース大野雄大に残留情報 巨人垂涎もコロナで資金難

  7. 7

    西武指名は“110kg大砲”渡部健人「デブ専」貫く球団の勝算

  8. 8

    岡村隆史“奇跡のV字回復”なのに 新妻をひた隠しにするワケ

  9. 9

    菅内閣は個別政策のみで長期的ビジョン・社会像が見えない

  10. 10

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

もっと見る