厚労省33兆円要求は過去最大 医療や再就職支援強化に重点

公開日: 更新日:

 厚生労働省は24日、2021年度予算概算要求の一般会計総額を前年度当初予算比34億円増の32兆9895億円とする方針を固めた。

 過去最大の要求額となる。新型コロナウイルス対策として、医療・福祉サービスの提供体制強化に重点を置いた。

 新型コロナ対策では、医療・福祉施設への医療物資の支援・備蓄、検査体制を充実させ、ワクチンや治療薬の開発、確保を急ぐ。

 ほかに、年金制度の運営に12兆4615億円、児童虐待防止対策に1734億円、地域医療構想や医師偏在対策、医療従事者の働き方改革の推進に1064億円を充てる考え。労働分野では、都市部から地方への移住を伴うなど地域や職種をまたいだ再就職支援に1206億円を計上した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新しい地図&石橋貴明「低視聴率組」にテレビマン戦々恐々

  2. 2

    元SMAP「新しい地図」が今もテレビに登場しない本当の理由

  3. 3

    コロナ支援金が次々と期限…迫る倒産・閉店・失業ラッシュ

  4. 4

    田澤指名漏れの衝撃…背景に米国も呆れたNPBの“島国根性”

  5. 5

    案里被告を保釈して大丈夫なのか…過去に全裸や救急搬送も

  6. 6

    中日エース大野雄大に残留情報 巨人垂涎もコロナで資金難

  7. 7

    西武指名は“110kg大砲”渡部健人「デブ専」貫く球団の勝算

  8. 8

    岡村隆史“奇跡のV字回復”なのに 新妻をひた隠しにするワケ

  9. 9

    菅内閣は個別政策のみで長期的ビジョン・社会像が見えない

  10. 10

    韓国59人死亡の衝撃 インフル予防接種がはらむ重症リスク

もっと見る