組閣から10日 身体検査できず新大臣3人にスキャンダル噴出

公開日: 更新日:

 新政権の発足から10日。早くも新大臣のスキャンダルが続出している。菅首相は“身体検査”もせずに入閣させてしまったらしい。野党は徹底追及するつもりだ。74%という高支持率でスタートしたが、この調子では、大臣のスキャンダルが政権の命取りになってもおかしくない。

  ◇  ◇  ◇

 さっそく、平沢勝栄復興相(75)、平井卓也デジタル担当相(62)、坂本哲志少子化担当相(69)の3人が、週刊誌に醜聞を暴露されている。

 平沢復興相は、<平沢勝栄が出席していた被害者続出の「仮想通貨パーティー」>とのタイトルで、怪しい仮想通貨の宣伝に一役買っていたとフライデーに報じられた。逮捕された衆院議員の秋元司被告と一緒にパーティーに出席し、会の主催者を「信用できる人」などと持ち上げていたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新しい地図&石橋貴明「低視聴率組」にテレビマン戦々恐々

  2. 2

    元SMAP「新しい地図」が今もテレビに登場しない本当の理由

  3. 3

    コロナ支援金が次々と期限…迫る倒産・閉店・失業ラッシュ

  4. 4

    田澤指名漏れの衝撃…背景に米国も呆れたNPBの“島国根性”

  5. 5

    案里被告を保釈して大丈夫なのか…過去に全裸や救急搬送も

  6. 6

    中日エース大野雄大に残留情報 巨人垂涎もコロナで資金難

  7. 7

    西武指名は“110kg大砲”渡部健人「デブ専」貫く球団の勝算

  8. 8

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  9. 9

    岡村隆史“奇跡のV字回復”なのに 新妻をひた隠しにするワケ

  10. 10

    菅内閣は個別政策のみで長期的ビジョン・社会像が見えない

もっと見る