立岩陽一郎
著者のコラム一覧
立岩陽一郎ジャーナリスト

ジャーナリスト、1967年生まれ。91年、一橋大学卒業後、NHK入局。テヘラン特派員、社会部記者、国際放送局デスクなどを経て2016年12月に退職。現在は調査報道を専門とする認定NPO運営「INFACT」編集長。アメリカン大学(米ワシントンDC)フェロー。毎日放送「ちちんぷいぷい」レギュラー。

「政府のお仲間」批判 米ジャーナリズムは日本よりまとも

公開日: 更新日:

 アメリカ大統領選挙は日本時間の9月30日に行われる最初の討論会によって、本格的な選挙戦に突入する。この最初の討論会での議論の焦点は新型コロナに対する対策だ。バイデン氏は大統領の対応を厳しく批判する方針だ。その際の最大の材料がジャーナリストのボブ・ウッドワード氏の近著「RAGE」だろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊藤健太郎のひき逃げ逮捕で注目された「野村周平」のナゼ

  2. 2

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  3. 3

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  4. 4

    やっぱり?組織委&警察「五輪中止」折り込みドタバタ人事

  5. 5

    中日エース大野雄大に残留情報 巨人垂涎もコロナで資金難

  6. 6

    伊藤容疑者ひき逃げ逮捕で“俳優生命”の危機…映画界パニック

  7. 7

    菅首相の“オトモダチ”に「公有地払い下げ」の異様な経緯

  8. 8

    大阪維新・冨田市長の前代未聞の公私混同 都構想に大打撃

  9. 9

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  10. 10

    ロッテ澤村でメジャー争奪戦か 欲しがる球団と積まれる金

もっと見る